GBR〜ゴットブレスザリング〜格闘技総合情報ウェブマガジン K-1、PRIDE(プライド)の試合速報ニュースからテクニック講座、インタビューVTRや格闘技選手壁紙まで格闘技情報満載の総合情報ウェブマガジン!GBR〜ゴット・ブレス・ザ・リング〜 格闘技速報&ニュースならGBRのメルマガでいちはやくGET!その他、格闘技月間スケジュール・選手名鑑・格闘コラム等




サイトトップ

無料コンテンツ
速報
ニュース
試合結果
その他
月間スケジュール
格闘リンク

有料コンテンツ
特集
クローズアップ!
動画
リングサイドムービー
ドリームスパーリング
テクニック講座
VTRインタビュー
ラウンドガール
よみもの
吉鷹弘の打撃研究室
インタビュー
コラム・一筆入魂
その他
超速!メールマガジン
壁紙
格闘選手名鑑


GBRへの投稿・ご意見はこちら!

 

動画再生にはWindows Media Player9以上が必要です。
以下よりダウンロード(無償)
してください。
Get Windows Media Player



1

5・25「J-GIRLS決戦、菖蒲祭り」大特集
http://gbring.com/closeup/closeup.htm#jgirls
田嶋はる、紅絹インタビュー&最新プライベートショット満載!

≫試合結果TOPに戻る

【J-GIRLS】田嶋はる&紅絹、ベテラン勢を破る金星!9月の決勝戦で対決

2008/07/21


J-NETWORK
J−GIRLS
「J−GIRLS Summer Kick Carnival」

2008年7月21日(月/祝)東京・新宿FACE
開場17:00 開始17:30


▼ダブルメインイベント(第8試合) J-GIRLSミニフライ級次期挑戦者決定トーナメント準決勝第二試合 サバイバルマッチ1 2分3R
田嶋はる(アクティブJ/同級5位)
判定 3−0 ※30−29、30−28、30−28
大島つばき(フォルティス渋谷/同級2位)
※田嶋がトーナメント決勝に進出

 参加人数、レベルともに過去最大級と言われるミニフライ級トーナメントの準決勝で究極の同門・新旧対決が実現!(アクティブJ、フォルティス渋谷ともにJ-NET基幹ジム)。長らく女子キック界をリードしてきた大島は、このトーナメントに専念、タイへの武者修行を行ってきたという。

 対する田嶋は、昨年の新人王決定戦「ニューヒロイントーナメント」を制した新鋭。戦績は7戦7勝と無敗を誇る。15戦10勝4敗と倍の戦績を持つベテラン・大島を、勢いのある田嶋が喰うのか!?
 
 1R、8cmも長身の田嶋は得意の蹴りを繰り出し、自分の距離を保つ。すると大島は一気に接近戦に持ち込み、パンチ連打。田嶋も打ち合いに応じながら、前蹴りで突き放す。

 2R、自分の距離で戦おうと、大島はパンチラッシュ。相手のペースにはまらないように、田嶋はクリンチを仕掛け決定打をもらわない。大島の圧力の前に、田嶋は後退する場面を見せたが、強烈なミドル、ハイで対抗する。

 3Rになると、田嶋はセコンドの指示通り、自分から攻撃せず。大島が出てきたところに合わせて前蹴り、ミドル。大島は自分の距離で戦うことが出来ず、ひたすらパンチとローで前にでるが詰め切れない。

 決定打のないまま、判定決着へ。フルマークで田嶋が勝利を収めた。勝利者インタビューでは、「変な緊張感がずっと続いていました。リングインするときに、『やってやるぞ!』という気持ちになったのですが、相手のペースに押されてしまいました。もっと蹴れば良かったですね」と反省。

「これからしっかりしてベルトを巻きたいと思います」と田嶋は9月7日新宿FACE大会で行われる紅絹との決勝戦に向けて強く意気込んだ。





 
▼ダブルメインイベント(第7試合) J-GIRLSミニフライ級次期挑戦者決定トーナメント準決勝第一試合 サバイバルマッチ1 2分3R
紅絹(フォルティス渋谷/同級4位)
延長判定 2−1 ※10−9、10−9、9−10
林田昌子(全日本キックボクシング連盟/藤原/同級1位)
※紅絹がトーナメント決勝に進出

 昨年のJ-GIRLS初代王座決定トーナメントで、ミニフライ級とフライ級の2階級にエントリー、さらには「World Queen Tournament」に出場し、ベスト4に残る活躍を見せている林田。対する紅絹は、本トーナメント三回戦で実力者・岡田敦子を僅差で撃破するなど今最も勢いがある新鋭だ。

 1R、先に仕掛けたのは紅絹。パワフルなパンチを振り回し、一気に林田をロープ際に詰める。林田は掴んでのヒザ蹴りを連発でヒットさせるも、これは反則。

 レフェリーから注意を受けたにも関わらず連続で出したために、林田にはレッドカードが提示された。

 紅絹のパンチラッシュに応じるように、林田もローからフックとつなげる。紅絹はパンチを出すときに前傾姿勢になるために、林田の顔面に頭が直撃。これが度重なったことで、紅絹にもレッドカードとなった。

  3Rにはお互いに足を止めてパンチを出し合う展開に。林田はローも交ぜながら繰り出すが、紅絹も一歩も譲らない。お互いの意地と意地がぶつかり合う中、時間が終了。

 判定勝負となり、林田に一票入ったが、残り二票はドロー。よって延長戦に突入した。ここでもパンチを激しく交錯させる両者。紅絹の強打が勝り、一瞬林田がぐらつく場面も。

 僅差の判定で勝利した紅絹は勝利者インタビューに応じ、「ベルトよりも決勝での2分5Rが気になってしょうがない」と初の5回戦に戸惑い気味の様子。 


「でもこれから苦手な走りもこなします。パンチと蹴りを出していい試合にしたい」とした。





▼セミファイナル(第6試合) バンタム級 サバイバルマッチ
佐竹のぞみ(全日本・鷹虎ジム/同級3位)
判定 2−1 ※30−29、30−29、29−30
アサミ(ブライト横浜/同級7位)





▼第5試合 フライ級 2分3R
山口貴子(TARGET/同級9位)
判定 3−0 ※30−28、30−27、30−27
薔薇(エスジム) 



  
▼第4試合 ミニフライ級 2分3R
星野久子(全日本・勇心館/同級3位)
ドロー 判定 1−1 ※30−29、29−30、29−29
MIKA(MAワイルドシーサー群馬)





▼第3試合 ミニフライ級 2分3R
Little Tiger June(全日本・青春塾/同級10位)
ドロー 判定 1−1 ※29−30、29−28、29−29
美保(KFG)   



▼第2試合 ミニフライ級 2分3R
神村江理加(侍塾)
判定 3−0 ※29−26、29−26、29−25
倉光智子(全日本・鷹虎ジム)



▼第1試合 バンタム級 2分3R
大石綾乃(大石道場)  
判定 3−0 ※三者とも30−27
奥村ユカ(S-KEEP)


▼J-GIRLSジュニア・クラス第2試合 ジュニアクラス55kg以下契約 1分2R (14歳)
陣内まどか(新日本/トーエルジム)J-GIRLSジュニア・クラスチャンピオン
ドロー 判定 1−1 ※20−19、19−20、20−20
大石ゆきの(大石道場)極真会館主催「国際青少年空手道選手権大会」中学女子の部優勝


▼J-GIRLSジュニア・クラス第1試合 ジュニアクラス56kg以下契約 1分2R(13歳)
井上瑞樹(空手道白心会)2007年全日本グローブ空手大会 女子中学生の部 優勝
ドロー 判定 0−0 ※三者とも19−19
日下部奈々(大石道場)正道会館主催「第9回全日本空手道選手権大会」小学6年女子の部二連覇、その他:優勝36回、準優勝10回 


▼アマチュアクラス第6試合 アマチュアBリーグ−51kg 1分2R 
平子幸恵(レグルス池袋)
ドロー 判定 1−1 ※20−19、19−20、20−20
池田美穂(Axis−J名古屋ジム)



▼アマチュアクラス第5試合 アマチュアBリーグ−53kg 1分2R 
丸中雅江(ワイズスポーツジム)
ドロー 判定 1−0 ※20−19、19−19、19−19
立川友美(レグルス池袋)


▼アマチュアクラス第4試合 アマチュアBリーグ−50kg 1分2R
本間俊絵(レグルス池袋)
KO 2R
加藤範子(センチャイ・ムエタイジム)


▼アマチュアクラス第3試合 アマチュアBリーグ−55kg 1分2R
工藤裕美(アクティブJ)
判定 3−0 ※三者とも20−18
中野佳子(ティダマンディ八王子)



▼アマチュアクラス第2試合 アマチュアBリーグ−55kg 1分2R
宍戸久美子(隆拳塾)
判定 3−0 ※三者とも20−19
白石瑠里(新日本/藤本ジム)



▼アマチュアクラス第1試合 アマチュアBリーグ−55kg 1分2R
はた(※たけかんむりに旗)山慶美(フォルティス渋谷)
判定 2−0 ※20−20、20−19、20−19
大野友加 (ワイルドシーサー群馬)


5・25「J-GIRLS決戦、菖蒲祭り」大特集
http://gbring.com/closeup/closeup.htm#jgirls
田嶋はる、紅絹インタビュー&最新プライベートショット満載!

【関連リンク】
≫J-GIRLS公式サイト
≪関連ニュース≫
   

≫年度別・試合結果一覧