GBR〜ゴットブレスザリング〜格闘技総合情報ウェブマガジン K-1、PRIDE(プライド)の試合速報ニュースからテクニック講座、インタビューVTRや格闘技選手壁紙まで格闘技情報満載の総合情報ウェブマガジン!GBR〜ゴット・ブレス・ザ・リング〜 格闘技速報&ニュースならGBRのメルマガでいちはやくGET!その他、格闘技月間スケジュール・選手名鑑・格闘コラム等


GBRに入会する
会員登録はこちら

サイトトップ

無料コンテンツ
速報
ニュース
試合結果
その他
月間スケジュール
格闘リンク

有料コンテンツ
特集
クローズアップ!
動画
リングサイドムービー
ドリームスパーリング
テクニック講座
VTRインタビュー
ラウンドガール
よみもの
ファイティングレポート
インタビュー
コラム・一筆入魂
その他
超速!メールマガジン
壁紙
格闘選手名鑑


GBRへの投稿・ご意見はこちら!

 

動画再生にはWindows Media Player9以上が必要です。
以下よりダウンロード(無償)
してください。
Get Windows Media Player



この大会の動画を配信中!
http://gbring.com/ringsidemovie/j-net080112.htm

≫試合結果TOPに戻る

【J-GIRLS】せり、正木を下し初防衛に成功! 林田は吉田から判定勝利

2008/01/12


J-NETWORK
「J-GIRLS 白雪祭り」
2008年1月12日(土)東京・新宿FACE
開場17:00 開始17:30


▼メインイベント J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 2分5R
せり(ファングジム/王者)
判定 3−0 ※50−48、50−47、50−45
正木純子(Hilltop/挑戦者・同級1位)
※せりが初防衛に成功

 J-GIRLS史上初のタイトル防衛戦で王者・せりが迎え撃つのは、昨年9月に成沢紀予を撃破しランキング6位から一気に1位まで上りつめた正木。

 1R、172cmの正木に対し、8cmも身長の低いせりは接近戦に持ち込む。パンチラッシュをしながら詰めると、左右のフックを振り回す。正木は組み付いてヒザ蹴りで応戦。距離をとりたい正木は前蹴りで突き放すが、パンチを出すせりの突進力が上回る。

 2R、せりのパンチラッシュを防ごうと、正木は首相撲からヒザ蹴りを出す。しかしルール上、首相撲が禁止技のために正木に注意が言い渡される。

 ヒザ蹴りが得意な正木だけに闘い辛そうだ。変わらず接近戦でフックを振り回すせり。

 3R、正木はしなりのあるミドルを繰り出すが、蹴り終わりと同時にせりはパンチで詰める。正木はたびたび首相撲を仕掛けたために遂に減点1。正木の右ハイをもらったせりだったが、上下に打ち分けるパンチのコンビネーションで手数を増やす。

 4R、正木はヒザを突き出すが、変わらず前にでるせり。お互いに疲れが見え始めるも、攻撃の手を休めず。

 5Rになると、せりはボディを中心にパンチを集める。苦しそうな表情を見せ始めた正木は立っているのがやっと。主導権を握るせりがパンチの手数を出し切ったまま試合終了。

 フルマークの判定勝利で初防衛を果たしたせりはマイクを握ると、「勝ててほっとしています。このベルトは私にとって強い選手と闘うためのものだと思います。さらに強い選手と闘うために、フライ級やフェザー級にも挑戦していきたい」と3階級制覇することをアピール。

 試合後のインタビューでは、3月から開幕する「世界最強女王決定トーナメントにリザーブでもいいのでエントリーしたい」と語っていた。




▼セミファイナル 49kg契約 サバイバルマッチ1
林田昌子(藤原/J-GIRLSミニフライ級1位)
判定 3−0 ※30−28、30−28、30−28
吉田正子(フリー/J-GIRLSミニフライ級9位)

 1R、藤原ジム仕込みのローでガンガン前に出る林田。吉田は距離を取りながらパンチのコンビネーションを見せていくが、林田の勢いの方が上回る。

 2Rには、林田が左右のハイをヒット。さらには強烈な右ストレートもクリーンヒットさせ、吉田は大きくのけぞる。チャンスとばかりに前に出る林だはローから左右のフックで前にでると、吉田は前蹴りで距離を保つ。

 3R、「私にはこれしかない」という林田は得意のローを連打で当てていく。見る見るうちに吉田の太ももは赤く染まっていく。

 そしてガードが下がったところで、林田の左ハイがヒット! 吉田は何とか耐えながらも反撃。お互いに決定打がないまま試合は終了。

 判定勝利した林田は「やりたいコンビネーションが出せませんでした。次は3月のトーナメントに出て、チャンピオンになりたいと思います」とマイクアピール。




▼第7試合 フェザー級 サバイバルマッチ1
Sae(SFK/同級7位)
延長判定 3−0 ※10−9、10−9、10−9
龍子(菅原道場/同級2位)

 上下に散らすコンビネーションの龍子に対し、Seaは前に出て突き離しながらパンチを入れていく。2Rには龍子がミドルを連打させながら前にでていくと、Seaはクリンチで連打を防ぎ注意が与えられる。

 お互いにパンチを交錯さえた後に3Rへ。開始前には左腕に何か違和感を感じるSeaがドクターチェック。

 再開後、接近戦で打ち合ったが決定打はなし。判定では決着つかず延長戦に突入した。龍子の得意技である「ハイキックを警戒していた」というSeaは距離を縮め、パンチのラッシュ。

 手数で上回ったSeaが接戦を制した。これまでの戦績が1戦1分で初勝利したSeaは、「アマチュアのときから延長戦で勝ったことがなかったので、勝てて嬉しかったです。いつかフェザー級王者の佐々木(仁子)選手と闘えるように頑張ります」と抱負を語った。



▼第6試合 フライ級王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 サバイバルマッチ1
杉貴美子(SOLID FIST/同級3位)
判定 3−0 ※30−28、30−27、30−27
田中佑季(青春塾/同級1位)
※杉がトーナメント決勝に進出

「一度負けている相手だったので、1Rからいかないとだめだと思っていた」という杉は1R開始と同時にパンチラッシュ。それに応じるように、田中も前に出てパンチで出る。杉がコーナーに詰めたところでパンチがクリーンヒットし、田中はダウン! 

 2R、ダウンのダメージを感じさせることなく田中は猛反撃。杉は的確なパンチを当てていくが、田中の手数が多く優勢な印象を与える。田中のセコンドの山本優弥は「このラウンドはとった!」と手応えを感じている様子。

 3R、ワンツーからローにつなぐ杉はガンガン前に出る。田中も負けじとクロールのようなモーションのパンチを出して応戦。そのままフルラウンドが終了し、杉がトーナメント決勝に駒を進めた。



 
▼第5試合 フライ級王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 サバイバルマッチ1
大浜芳美(OGUNI/同級6位)
判定 2−0 ※28−28、29−28、29−28
古谷あさみ(谷山/同級4位)
※大浜がトーナメント決勝に進出

 1R一気にパンチラッシュを仕掛ける両者。接近戦で打ち合ったところ、大浜が「ずっと練習してきた」バックブローがクリーンヒット! これをモロに頭部に受けた古谷がダウン! 立ち上がった古谷に対し、大浜はラッシュを仕掛けたが仕留め切れなかった。

 2、3Rと猛反撃を見せる古谷。大浜は再びバックブローを繰り出すも決定打はなし。古谷の必死の追い上げを突き離した大浜が勝利し、トーナメント決勝へのチケットを手に入れた。




▼第4試合 バンタム級 2分3R
AZUMA(y-park/同級2位)
判定 3−0 ※30−28、30−28、30−28
佐竹のぞみ(鷹虎/同級4位)





▼第3試合 ミニフライ級 2分3R
山田純琴(y-park/同級8位)
判定 3−0 ※30−29、30−29、29−28
Mai(健心塾)




▼第2試合 53kg契約 2分3R
アサミ(ブライト横浜)
判定 3−0 ※30−28、30−27、30−27
MANA(SFK)




▼第1試合 ミニフライ級 2分3R
安倍基江(アカデミア・アーザ)
判定 3−0 ※30−29、30−29、30−28
☆MIKA☆(ワイルドシーサー群馬)

●J-Girls2008年度上半期スケジュール
・3月2日(日)東京・ディファ有明 「World Queen Tournament 開幕戦」
・5月25日(日)東京・ディファ有明 「World Queen Tournament 決勝戦」

【関連リンク】
≫J-NETWORK公式サイト
≪関連ニュース≫
 

≫年度別・試合結果一覧

この大会の動画を配信中!
http://gbring.com/ringsidemovie/j-net080112.htm




GBRとは 動作環境 利用規約 プライバシーの考え方 解約はこちら 運営会社 お問合せ
(C)YOSHIKURA DESIGN,LTD. 2003-2008. All right reserved.