GBR〜ゴットブレスザリング〜格闘技総合情報ウェブマガジン 他では見れない100本以上の格闘技オリジナル映像・画像がGBR会員ならいつでも見放題!いまなら月会費初月無料のキャンペーン実施中!



サイトトップ

無料コンテンツ
速報
ニュース
試合結果
その他
月間スケジュール
格闘リンク


有料コンテンツ
特集
クローズアップ!
動画
リングサイドムービー
ドリームスパーリング
テクニック講座
一日密着&ビデオ日記
VTRインタビュー
ラウンドガール
よみもの
吉鷹弘の打撃研究室
インタビュー
コラム
その他
壁 紙
格闘選手名鑑

 

あの選手のインタビューが見たい!
こんなこと選手に聞いてほしい!
こんな動画が見たい!などなど、
GBRで特集してほしいこと、
リクエストも常時受付中!
↓↓↓

GBRへの投稿・ご意見はこちら!

 


Get Windows Media Player

 

 
サイト内検索
ピックアップ!「THE OUTSIDER 第13戦」
ZSTとの対抗戦に出場する吉永啓之輔、VS在日米軍兵の黒石高大、武井勇輝にインタビュー
アクセス急上昇中!GBRの「セクシー&ラウンドガール」
「長野美香のセクシーショット」、「ワイルドセクシー!金網のラウンドガール」、「入江姉妹がミニスカでミット打ち」動画ほか
≫試合結果TOPに戻る

【アウトサイダー】米軍との対抗戦は4勝1敗で勝利、ZSTとの対抗戦は1勝4敗で敗れる

2010/10/11

ファイティング・ネットワーク・リングス
「THE OUTSIDER 第13戦」

2010年10月11日(月・祝)神奈川・横浜文化体育館
開場15:00 開始16:00



▼第14試合 シングルマッチ 体重リミット62kg 3分2R
“埼玉白岡町の兄貴分 一蓮托生”
○佐藤美朗
判定3−0
“濱の勇二”
●高垣勇二

 1R、パンチで来た高橋を首相撲に捕らえた高垣は、コーナーに押し込まれると自ら飛び付き、意外にもグラウンドに引き込む。下から腕十字を仕掛ける高垣に、佐藤は足を外してサイドポジションへ。ブレイク後、高垣は得意のパンチで殴り合いを挑み、佐藤の右ストレートがクリーンヒット。高垣は転倒してしまう。さらに右フックで押されて投げられ、マウント、バックを奪われるなど高垣の劣勢が続く。

 2R、高垣はゴングが鳴ってもコーナーから出ず、両手を両膝について中腰の状態で疲れた様子。それでもいきなり前へ出ての前蹴りで佐藤を転倒させる。佐藤が立ち上がると、またも両手を両膝につく高垣。佐藤が右フック、高垣は組んで引き込む。ブレイクになると、高垣は疲れから立ち上がるのが遅い。佐藤はパンチから組み付いての投げで攻め、高垣を攻略した。

 佐藤は「高垣選手とやるってことでビビッてたんですけど、気合い入って頑張りました。先輩や練習仲間のおかげで勝てました。またアウトサイダーに出たいです」と継続参戦をアピールした。




▼第13試合 シングルマッチ 体重リミット68kg 3分2R
“潟の最強ギャング”
○RYUYA
TKO 1R1分40秒 ※レフェリーストップ
“元・船橋夜櫻會四代目総長”
●矢野優二郎

 1R、サウスポーの矢野にRYUYAが右ミドルを連発! 矢野はこれをもらいながらも組み付いて足関節。RYUYAは立ち上がってスタンドを要求する。再び右の蹴りを飛ばすRYUYA。矢野はそれをキャッチしてテイクダウンするがブレイク。

 RYUYAの打撃をかいくぐってテイクダウンを狙う矢野だったが、RYUYAがグラウンドで上を取ってパンチを落とす。ブレイク後、打撃を嫌って引き込む矢野。そこにRYUYAがパンチをまとめてラッシュ! パンチをもらう矢野を見て、レフェリーが試合をストップした。

 RYUYAは「本当に仲間や親に迷惑をかけてきて、これで恩返しが出来たと思っているんで、今日はありがとうございました」とマイクアピール。




▼第12試合 シングルマッチ 体重リミット75kg 3分2R
“現役医大生代表延命ブラックジャック”
○Dr.K
判定3−0
“漢一匹 修羅の道”
●今井火裟獅

 1R、Dr.Kがパンチで突進する今井をテイクダウン。ハーフガードで上になると、体を起こしてパンチを落とす。ブレイク後、Dr.Kは左フック、そして首相撲からヒザ蹴り。今井をテイクダウンしたDr.Kは、腕十字から三角絞めを狙う。

 2R、Dr.Kは今井に一気に飛びかかり、首相撲からヒザ蹴り。サウスポーの今井は距離を取って左ミドルを蹴るが、Dr.Kが今井を両足タックルでテイクダウンし、コツコツとパンチを落とす。ブレイク後、今井がパンチで前に出て、Dr.Kの投げを潰してマウントポジションへ。Dr.Kはすぐにポジションを戻すが、ここもブレイクとなる。残り10秒でスタンドとなったが、どちらも有効打がなく試合終了。判定3−0でDr.Kが勝利した。

 試合後、Dr.Kは「応援がたくさん来て絶対に負けられない試合でした。ありがとうございました」とマイクアピールした。




▼第11試合 シングルマッチ 体重リミット73kg 3分2R
“焼津の暴力マリア”
○宮永一輝
判定2−0
“リアルマッドタイガー解き放たれた虎”
●大山勇樹

 1R、ローとパンチで攻める大山を宮永がテイクダウン。すぐにバックに回り込んでチョークを狙う。これを逃げられた宮永だったが、グラウンドで上のポジションをキープしてパンチを落とす。ここで大山が下から足関節を仕掛けるが、宮永はそれを外してパウンド。マウント、バックからパンチを落とす。しかし残り10秒で立ち上がった大山が首相撲からヒザ蹴りを突き上げる。

 2R、パンチとミドルで打ち合う両者。宮永は大山をロープに詰めると、がぶったところからテイクダウンする。しかしここは動きが止まってブレイク。再開後、大山がワンツー、右フック! 今度は大山が宮永をテイクダウンしてパンチを落とす。やや劣勢となった宮永だが、グラウンドで上のポジションを取り返すとパンチとボディへのヒジ打ち。判定は2−0で宮永が勝利した。

「心も折れかけてスタミナも切れてみっともない試合でしたけど、応援してくれるみんなの顔を見ると、負けられないと思って戦いました」と宮永。ジム・関係者に感謝の言葉を述べた。




▼第10試合 シングルマッチ 体重リミット74kg 3分2R
“不屈の道産子魂”
○飯田建夫
一本 1R27秒 ※袈裟固め
“リングス金原道場セントポール立教の若獅子”
●鈴木滉人

 1R、飯田が蹴り足をキャッチして投げでテイクダウン。袈裟固めで押さえ込み、そのまま両足で鈴木の腕をアームロック。ここでレフェリーが試合を止めた。

 試合後、飯田は「こんなに早く試合が終わると思っていなくて自分でもびっくりです。また出ます」と短めのマイクアピール。




▼第9試合 70−75kgトーナメント準決勝 体重リミット70−75kg 3分2R
“アブダビコマンダー”
○伊澤寿人
一本 1R1分46秒 ※チョークスリーパー
“九州天下一武闘会若きフィクサー”
●古口新太郎
※剛田武は出場に合意に至らず欠場。
※伊澤が決勝戦に進出。

 共にリザーバーながら対戦カードの変更により、準決勝で闘うことになった伊澤と古口。このチャンスを掴んで決勝に進むのはどっちだ?

 1R、いきなりパンチで突進する古口だったが、伊澤が首相撲からヒザ蹴りを連打! 何発も伊澤のヒザ蹴りが古口のボディと顔面を捉える。伊澤はブレイク後も首相撲からのヒザ蹴り、放れ際の右フックとハイキック。そして飛びつくように古口のバックに回り込むと、チョークスリーパー! 鮮やかな絞め技で伊澤が決勝進出を決めた。




▼第8試合 70−75kgトーナメント準決勝 体重リミット70−75kg 3分2R
“鳳凰天女 チームWEED斬り込み隊長”
○谷 博幸
判定3−0
“法曹界の最強戦士人権派 柔術弁護士”
●堀 鉄平
※谷が決勝戦に進出。

 準決勝第1試合はトーナメントの優勝候補と目され、アウトサイダー7勝2敗1分の常連ファイターとなった堀と、ここまで総合格闘技11勝1敗1分という戦績を残している谷。

 1R、サウスポーの堀がコーナー際で谷を両足タックルでテイクダウン。そのまま担ぎパスガード、谷のバックに回りこんでチョークスリーパーを狙う。谷は堀に足を絡ませず、立ち上がってブレイクを待つが、再開後に堀がすぐにテイクダウン。インサイドガードからパンチを落とす。

 2R、堀が左ミドルから組み付いて、テイクダウンを狙うが、逆に谷が堀のバックについてチョークスリーパー! 堀は谷の体を前に落としてグラウンドで上を取る。しかし谷がブリッジで上のポジションを取り返すと、起き上がろうとする堀を寝かせてパンチを連打。この状態のまま、試合が終わった。

 判定は3−0で谷! 優勝候補の堀を倒して決勝進出を決めた。




▼第7試合 シングルマッチ 体重リミット70kg 3分2R
“千葉漢塾南無阿弥陀仏”
○櫻井貴大
判定2−0
“埼玉白岡町の若き長 全身凶器”
●齋藤龍正

 1R、サウスポーの櫻井が左ミドル。両足タックルでテイクダウンを奪うが、齋藤が下から三角絞め。櫻井はこれに長時間つかまるが、頭を抜いてディフェンスする。試合がスタンドに戻ると、櫻井はパンチから組んでテイクダウンを奪う。

 2R、パンチから組み付いた櫻井がすぐにテイクダウン。一度は齋藤に立ち上がられるが、すぐにテイクダウンを奪ってバックからチョーク、マウントパンチと一方的に攻め続ける。そして今度は櫻井が三角絞め。1Rに三角絞めのピンチを迎えた櫻井だったが、判定2−0で逆転勝利した。

 試合後、マイクを持った櫻井は「しょっぱい試合をしてすいません。一つ言わせてもらうと、ここに十代で格闘技をやりたいという人がいたら、マジでやった方がいいですよ。しょっぱい試合をしたんですけど、ベルトが欲しいっすわ」とベルト獲得へ意欲を見せた。

★第27試合(濱岸正幸VS佐野哲也)から第29試合(奥出雅之VS吉永啓之輔)はこちら

★第22試合(庵野隆馬VSメイヘム)から第26試合(山本勇気VS浦野貴之)はこちら
★第15試合(沼尻和之VS島根 豊)から第21試合(黒石高大VSサンボ)はこちら
★第1試合(樋口武大VSフェルナンド・カマル)から第6試合(藤田雄祐VS関谷勇次郎)はこちら

ピックアップ!「THE OUTSIDER 第13戦」
ZSTとの対抗戦に出場する吉永啓之輔、VS在日米軍兵の黒石高大、武井勇輝にインタビュー
アクセス急上昇中!GBRの「セクシー&ラウンドガール」
「長野美香のセクシーショット」、「ワイルドセクシー!金網のラウンドガール」、「入江姉妹がミニスカでミット打ち」動画ほか
【関連リンク】
>>リングス公式サイト
≪関連ニュース≫
■2010/06/20

【アウトサイダー】前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発

■2010/04/03

【アウトサイダー】黒石、二回戦で力尽きる…準決勝には幕、渋谷、渡辺、和田

■2010/02/14

【アウトサイダー】最強ワル決定戦の出場権を賭け、熾烈な抗争繰り広げられる!

■2009/12/13

【アウトサイダー】最強のワルは元暴走族の総長“格闘彫師”吉永啓之輔に決定!

■2009/10/11

【アウトサイダー】最凶不良決定戦に吉永、佐野、野村、武井が生き残る

■2009/08/09

【アウトサイダー】“Mr.アウトサイダー”黒石が初勝利!25試合が一本・KO決着

■2009/05/05

【アウトサイダー】不良にオヤジの逆襲!33歳・中村トッシーが5賞に輝く

■2009/03/15

【アウトサイダー】ワルの頂上決戦はKO決着続出!国技館でも乱闘が勃発した!

■2008/12/20

【アウトサイダー】史上初のノーコンテスト!ゴング前に攻撃する反則で場内騒然

■2008/10/19

【アウトサイダー】前田日明プロデュース“ワルの祭典”全26試合中19試合がKO・一本決着

■2008/07/19 【アウトサイダー】乱闘、秒殺、超満員!前田日明プロデュース不良大会、第2弾開催
■2008/03/30

【アウトサイダー】前田日明プロデュース不良大会、無事終わる

≫年度別・試合結果一覧


 
格闘技@はじめーる

     

GBRとは 今すぐ無料登録 動作環境 利用規約 プライバシーの考え方 運営会社 お問合せ
(C)YOSHIKURA DESIGN,LTD. 2003-2010. All right reserved.
GBRとは
格闘技サンプル動画